東京で執り行う家族葬のマナーを紹介

東京で執り行う家族葬のマナーには、ネクタイを正しく身につけたかどうか、儀式の最中の座り方などがあります。恥ずかしいと感じる場面があってもおかしくないので、知識として身につけておいたほうが無難です。ネクタイを正しくつけていないと、参列している人達に笑われてしまうことがあります。ネクタイのつけ方がわからない時は、携帯電話のネットで検索すると、つけ方が書いてある所が見つかります。そこを見ながら行えば最良の結果を得られやすいです。葬儀会場の席の座り方は前列が故人の家族と子息、次が親戚達、その後ろが故人の生前親しかった人達です。前列に家族と子息が座るのは、故人が最も親しかった人達という、意味合いが込められています。親戚達の中に故人の孫がいる時は、見えやすい位置に座ると故人も喜びます。

東京の家族葬に参加する時はネクタイを正しく身につける

東京の家族葬に参加する場合は、ネクタイの締め方がおかしいと、参列者が笑ってしまう場合があります。その時は、一緒にいる家族も恥をかいてしまうことになるため、洗面所やトイレの中などで直したほうがいいです。ネクタイの身につけ方がわからない場合は、携帯電話のネットで検索すると、ネクタイを正しくつけるやり方が見つかります。それを見ながら行えば、人前に出ても恥ずかしくない結び方になります。携帯電話を所持していない時は、親しい親族に話をして、ネクタイをつけてもらうのも悪くないです。ただ、親戚達の笑いのネタとして、しばらく言われ続けることになる可能性もあるので注意です。つけてもらったネクタイは結び目をそのままにして緩め、首から取り外すと、次に喪服を着る際に便利です。

儀式の最中の座り方は前列が家族で次が親戚達

家族葬の儀式の最中の座り方は、前列が故人の家族と子息で次が親戚達となっています。その後ろに、個人が生前に親しかった友人や知人が座ります。これは東京だけでなく各地方でも同じように行われています。前列に故人の家族と子息が座るのは、故人と最も親しかった人々という意味合いもあります。人によっては対象者ではない人が座ると、怒りだす場合もあるので注意です。その時は子供なら仕方ないですが、大人だった時は説教をされてもおかしくありません。次の列に親戚が座るのは、家族の次に親しく付き合っていた、あるいは血縁者という理由があります。親戚達の座る順番は特に決められていないので、自由に座っても大丈夫です。故人の孫が参列している時は、見えやすい位置に座ると故人も喜んでくれると思われます。