東京で執り行う満足度の高い家族葬

東京の家族葬は、儀式を行う部屋の周囲を沢山の花で飾ります。花の費用を捻出しているのは主に遺族と親族達ですが、東京は給料が高いため、それらの費用を問題なく払うことができます。あと、火葬場で故人をお焚き上げする際に、お棺の中に花を入れることがあります。お焚き上げをして送った場所でも花に囲まれるので、寂しくないという意味合いが込められています。花を入れる行為には、遺族や親族達が悲しむ気持ちを軽減させる効果もあります。家族葬の儀式が終わった後に、故人の位牌と元気だった時期の写真を頂くことが可能です。故人の位牌は遺族と親族達が、写真のほうは故人の生前親しかった人がもらうことになります。位牌は仏壇に置いて毎日線香を上げたり、拝んでいると気持ちを安らぐ効果が期待できます。写真のほうは部屋に飾ると、亡くなっても常に一緒という意識が心に芽生えてきます。

東京の家族葬は儀式を行う部屋の周囲を沢山の花で飾る

東京の家族葬は、儀式を行う部屋の周囲を新装開店した店のように、沢山の花で飾るのが一般的です。花を持ってきて飾るのは主に花屋の仕事ですが、それらの費用を捻出しているのは遺族と親族達です。費用はそれなりに必要となりますが、東京は給料が高いので、特に問題なく払うことができます。火葬場で故人をお焚き上げする際に、お棺の中に花を入れることがあります。花を故人と一緒にお焚き上げすると、送った場所でも花に囲まれるので、寂しくないという意味合いが込められています。花を入れることで、遺族や親族達が悲しむ気持ちを軽減させる効果も期待できます。家族葬を終えた後に残った花は家族だけでなく、親族達にも分配することになります。花は仏壇に飾ることになりますが、枯れてきた時は畑や地面に埋めて処分します。

家族葬の儀式が終わった後に位牌と写真を頂くことができる

家族葬の儀式が全て終わると、葬式会場の業者のほうから位牌と、故人が生前元気だった時期の写真を頂くことが可能です。位牌は遺族と親族達、写真は故人が生前親しく付き合っていた人がもらう場合がほとんどです。受取った位牌は仏壇に飾って毎朝拝んだり、線香をあげるのが一般的です。特に線香をあげる行為は何度も行っていると、不思議と悲しさと寂しい気持ちが薄らいできます。線香の香りに安らぎを与える効果があるのと、位牌を直視すると故人と顔を合わせているような気持ちになるためです。故人の写真は笑っていたり、真面目そうな顔をしていることが多いです。家族葬で頂いて部屋に飾り写真を見ていると、故人がいなくなった悲しさが徐々に減っていきます。亡くなっても、常に一緒だという意識が心に芽生えるので、気持ちを安らかにさせる結果につながります。

全日本葬祭業協同組合連合会に所属する事業者のわずか7.5%と言われる、葬祭業安心度調査でのAAA認定を平成14年以降連続で頂いております。 規模や宗派などの要望に応じた多彩なコースの葬儀を取り扱っており、無料でのお見積りや資料請求も受け付けています。 子どもたちが大人になり、仕事も引退し、今まで頑張ってきたあなただからこそ、最後をどのように迎えたいか一緒にかんがえてみませんか。 東京で家族葬を行われる際は【富士典礼】へ